ごあいさつ 会社概要 FAQ リンク ブログ
           

トップページ>>FAQ よくあるご質問

 
このコーナーでは印刷技術や専門用語に関する質問を抜粋してお答えしています。
   
印刷には大きく分類すると、多量の印刷に使われる凸版、平版、凹版、孔版の4種類、その他にも皆さんがご家庭でも利用するインクジェットやレーザー式などがあります。当社としてサービスを提供しているのは主に多量の印刷を目的としたもの。その中でももっともポピュラーな印刷がオフセット印刷です。オフセットとは印刷機にセットされた版から一端、ゴムの胴に移し(オフ)、さらに紙に転移(セット)することからオフセット印刷(平版印刷)と呼ばれています。
輪転はオフセットの一種ですがロール上に繋がった長い紙を使い、高速で印刷するものです。同じものを大量に印刷する場合にこの輪転印刷を使います。ロール状の紙を使う「輪転」に対して、通常のオフセット印刷機は「平台」と呼ばれています。
凸版印刷
凸版印刷は字のとおり、版の凸の部分にインクをつけて紙等に転写する方法。大きなゴム印を想像していただけると分かりやすいと思います。特徴は印字がシャープで文字の印刷には適していることです。一文字ひと文字、昔の活字を拾った活版印刷が進化したものです。

凹版印刷
凹版とは別名グラビア印刷。銅版に焼きつけた版の凹部にインキを流して印刷する方法です。写真などの再現に優れた特徴があり、雑誌の写真ページをグラビアページと呼ぶようになったわけです。

孔版印刷
スクリーン印刷とも呼ばれます。細かなメッシュのスクリーンの版を使い印刷する方法。印刷の部分のみインクが通過する孔状態のスクリーン版を使用します。インクを厚くのせるように印刷できるため紙以外にもさまざまな素材に対応できるのが特徴です。
▲ページトップ
通常カラー印刷で使われる4色、アイ(シアン)、赤(マゼンタ)、黄(イエロー)、墨(ブラック)をプロセスカラーと呼んでいます。オフセット印刷ではこの4色を網点で微妙にかけ合わせることでカラー印刷となります。
それに対し「特色」とは指定の色に合わせて、調合してつくられたインクです。単色のベタ面などに適し、発色の良さが特徴です。
金銀、蛍光色等も特色のひとつです。
オフセットの4色カラー印刷は、4色の網点の微妙な掛け合わせによってさまざまな色を再現しています。線数とはその網点をつくるための製版用のスクリーンの目の細かさを表す単位です。1インチに何本の線があるかで表しています。例えば175線とは1インチ四方に175×175で30,625個のドットがあることを表します。
この線数が大きければ細かくなるのですが、細か過ぎても逆にクリアに印刷できなくなります。その用紙や印刷の内容により適した線数がある訳ですね。
一般的に紙の厚さを示す単位にkgを使っています。もちろん一枚の重さではありません。紙は全紙(四六判/菊判があります)サイズ1,000枚の重さを表示しています。四六判の90kgとは、四六全判1,000枚の重さが90kgあるという意味です。だから同じ厚さの紙でもキク判と四六判では基準のサイズが違うため重さが違う訳です。